日本語法律相談 +82-10-2981-3152

取扱事例

取扱事例

現地法人の住所

작성자 中央法律事務所
작성일 18-01-15 16:54 | 1,651 | 0

본문

韓国に投資して現地法人を設立する場合、行政庁の指導があります。

​韓国は、日本と同様に、会社設立は法人登記をするだけででき、届けをするだけです。
しかし、実際に法人活動をする場合には、税務署への事業者登録が必要です。これがないと、
事実上何もできません。

 

 

 つまり、表面上自由に会社設立はできますが、実際に事業活動するためには事業者登録のため税務署の
許認可を受けないといけません。税務署では、積極的に裁量権を行使してきます。
 その一つが、法人の住所地です。商業用施設以外は、原則として認定してくれません。 このように、自力で

韓国で会社を設立するのは困難です。是非、中央法律事務所にご連絡してください。

한국에 투자해서 현지법인을 설립할 경우 행정청의 지도가 있습니다.
한국은 일본과 같이 회사설립은 법인등기만 하면 되며 신고를 할 뿐이빈다.
하지만 실제로 법인활동할 경우에는 세무서에 사업자등록이 ​필요합니다.

그것이 없다면 사실상 아무것도 못 합니다

 다시말해 표면상 자유로이 회사설립을 할 수 있으나 실제로 사업활동하기 위해서는 사업자등록 때문에
세무서의 인허가를 받아야 됩니다. 세무서에서는 적극적으로 재량권을 행사합니다.
 그 하나가 법인 주소지입니다. 상업용 시설 이외는 원칙적으로 인정해주지 않습니다.

그래서 자력으로 ​한국에서 회사를 설립하기는 힘듭니다.

중앙법률사무소에 연락하시면 도와드리겠습니다.

 

 

 

 

 

 

 

 

相談予約

ご相談内容を確認後、すぐにご連絡いたします。

法律相談 番号

+82-10-2981-3152

yangokawa@gmail.com

訪問相談時間案内

平日 AM 9:00~ PM 6:00

土曜日、日曜日、祭日、電話予約後、相談

日本語法律相談は、電話予約後、出張相談をしています。

法務法人ミンヘンは、24時間
受付しています。

KAKAO ID : chuoulaw

LINE ID : chuoulaw