日本語法律相談 +82-10-2981-3152

取扱事例

取扱事例

不動産に関する紛争

작성자 中央法律事務所
작성일 17-08-17 14:50 | 1,918 | 0

본문

金額的に大きな事件でないから、一人で訴訟したいなっていうニーズがあります。

日本だと簡易裁判所に行くのですが、韓国では少額審判請求といいます。

 その場合、いくら金額が少なくても不動産に関する事件は少額審判請求が

できません。すると、厳格な訴状を書かなくてはならなくて、

ミスすると訴状を受け付けてもらえない可能性もあります。


 不動産紛争は、面倒でも弁護士を雇いましょう。

 

 

 

금액이 큰 사건이 아나니까 스스로 소송하고 싶다는 수요가 있습니다.
일본이라면 간이법원에 가는데 한국에서는 소액심판청구라고 합니다.

그러나 아무리 금액이 적어도 부동산에 관련된 사건은 소액심판청구를 못 합니다
.

그리고 엄격한 소장을 써야 해서 틀리면 소장을 접수해주지 않을 가능성도 있습니다.

 부동산분쟁은 일본어로 친절히 설명하고 어려움을 해결해줄 수 있는

중앙법률사무소의  변호사를 씁시다

 

 

 

 

 

 

 


 

相談予約

ご相談内容を確認後、すぐにご連絡いたします。

法律相談 番号

+82-10-2981-3152

yangokawa@gmail.com

訪問相談時間案内

平日 AM 9:00~ PM 6:00

土曜日、日曜日、祭日、電話予約後、相談

日本語法律相談は、電話予約後、出張相談をしています。

法務法人ミンヘンは、24時間
受付しています。

KAKAO ID : chuoulaw

LINE ID : chuoulaw