日本語法律相談 +82-10-2981-3152

取扱事例

取扱事例

債権が相続財産の場合

작성자 中央法律事務所
작성일 17-06-29 12:30 | 2,086 | 0

본문

通常、相続するとき、兄弟や親などと共同相続します。

その相続財産の中で、預金や株式がある場合、どのように分けるのでしょう。

答えは、法定相続分にしたがって相続と同時に分割されます。

逆に言うと、共同相続人がいるのに、誰か一人占めすると、立派な横領罪、犯罪です。

通常、銀行預金の場合、共同相続人全員の同意がなければ引き出しできないように運用されています。

​ 

 家族だからって、欲をかくと犯罪者になってしまいます。

 

 

일반적으로 상속할 때 형제나 부모 등과 같이 공동상속합니다.

 

 그 상속재산 중 예금이나 주식이 있을 경우 어떻게 나눌 까요? 

 법정상속분에 따라 상속과 동시에 분할됩니다.


반대로 공동상속인이 있는데도 누군가 독점한다면 제대로 횡령죄, 범죄입니다.


보통 은행예금 경우 공동상속인 전원 동의가 없으면 인출하지 못하게 운용됩니다.

 가족이라고 해서 욕심을 부리면 범죄자가 되어 버립니다. 

 

 

 

 

相談予約

ご相談内容を確認後、すぐにご連絡いたします。

法律相談 番号

+82-10-2981-3152

yangokawa@gmail.com

訪問相談時間案内

平日 AM 9:00~ PM 6:00

土曜日、日曜日、祭日、電話予約後、相談

日本語法律相談は、電話予約後、出張相談をしています。

法務法人ミンヘンは、24時間
受付しています。

KAKAO ID : chuoulaw

LINE ID : chuoulaw