日本語法律相談 +82-10-2981-3152

取扱事例

取扱事例

日本人の養子になる方法

작성자 中央法律事務所
작성일 17-06-26 09:56 | 1,325 | 0

본문

日本民法の養子要件は、非常に簡単です。

1.養親は成年であること
2.養子が成年であること(cf.未成年者の場合、家庭裁判所の審査が必要)
3.養親が養子より年長者であること(一日年上でも可能)

基本的にこの3つが充足すれば、できます。他の人(養子の両親など)の同意は必要ありません。
勿論、区役所などへ届けは必要です。

日本では、伝統的に養子縁組に対して幅広く認めてきて、現在もそうです。

 

 

일본민법의 양자 요건은 아주 쉽습니다.

 1. 양부모가 성년임

 2. ​양자가 성년임( cf. 미성년자인 경우 가정법원 심사 필요)

 3. 양부모가 양자보다 연장자임(하루차이 연장자라도 가능함.)

 기본적으로 이 세가지가 충족되면 됩니다. 다른 사람(양자의 부모 등)의 동의는 필요가 없습니다.
 물론 구청 등에 신고는 필요합니다.
 
 일본에서는 전통적으로 입양에 대해서 폭넓게 인정해왔고 현재도 그렇습니다.

 

相談予約

ご相談内容を確認後、すぐにご連絡いたします。

法律相談 番号

+82-10-2981-3152

yangokawa@gmail.com

訪問相談時間案内

平日 AM 9:00~ PM 6:00

土曜日、日曜日、祭日、電話予約後、相談

日本語法律相談は、電話予約後、出張相談をしています。

法務法人ミンヘンは、24時間
受付しています。

KAKAO ID : chuoulaw

LINE ID : chuoulaw