日本語法律相談 +82-10-2981-3152

取扱事例

取扱事例

退職金請求

작성자 中央法律事務所
작성일 17-06-23 10:14 | 1,273 | 0

본문

 韓国にも日本と同じく、退職金制度があります。

 しかし、違いもあります。日本では、会社が退職金制度を準備しないと退職者の権利が発生しません。

一方、韓国では、1年以上勤務した労働者に強制的に退職金請求権が発生します。

 就業規則で退職金はない、と定めても韓国では無効です

日本企業で退職金を認めない運用方法は、実はあります。まずは、ご相談を。

 

 한국에서도 일본과 같이 퇴직금제도가 있습니다.

  하지만 차이도 있습니다.

 일본에서는 회사가 퇴직급제도를 마련하지 않고서는 퇴직금 권리가 발생하지 않습니다.

 

한편 한국에서는 1 년이상 근무한 노동자에게 강제적으로 퇴직금청구권이 발생합니다.

 취업규칙으로 퇴직금이 없다고 정하더라도 한국에서는 무효입니다.

 일본기업에서 퇴직금을 인정하지 않는 운용방법은 실제로 있습니다. 중앙법률사무소에 상담하세요.^^

 

相談予約

ご相談内容を確認後、すぐにご連絡いたします。

法律相談 番号

+82-10-2981-3152

yangokawa@gmail.com

訪問相談時間案内

平日 AM 9:00~ PM 6:00

土曜日、日曜日、祭日、電話予約後、相談

日本語法律相談は、電話予約後、出張相談をしています。

法務法人ミンヘンは、24時間
受付しています。

KAKAO ID : chuoulaw

LINE ID : chuoulaw