日本語法律相談 +82-10-2981-3152

取扱事例

取扱事例

離婚の手続き(2)

작성자 中央法律事務所
작성일 17-06-17 09:53 | 1,310 | 0

본문

裁判上の離婚手続き

  

      調停前置主義

       裁判を起こす前に、必ず離婚調停を受けないといけません。
       夫婦が調停委員の前で、話し合いをしなければなりません。
       通常、離婚することにする合意が成立して、その合意は判決と同じ効力を持ちます。

    裁判手続き
       調停で一方が不出席だったり、夫婦の合意が不成立の場合に裁判に進みます。

        離婚判決が出た後は、離婚届けも提出しなければなりません。

    弁護士が付くかで、親権や養育費などがかなり違ってきます。
    いつでも、当事務所にご相談してください。

재판상 이혼절차

          조정전치주의

                    재판을 일으키기 전에 반드시 이혼조정을 받아야 합니다.
                    부부가 조정위원 앞에서 협의해야 합니다.
                    보통 이혼하기로 한 협의가 성립하고 그 합의는 판결과 같은 효력을 가집니다.

       

           재판절차
                   조정에서 일방당사자가 결석하거나 부부합의가 불성립인 경우에 재판에 갑니다.
                  이혼판결이 나온 후는 이혼신고서도 제출해야 합니다.

           변호사가 선임되는지 여하로 친권이나 양육비 등이 꽤 달라집니다.
          언제든지 저희 사무소에 상담하세요.

 

 

 

相談予約

ご相談内容を確認後、すぐにご連絡いたします。

法律相談 番号

+82-10-2981-3152

yangokawa@gmail.com

訪問相談時間案内

平日 AM 9:00~ PM 6:00

土曜日、日曜日、祭日、電話予約後、相談

日本語法律相談は、電話予約後、出張相談をしています。

法務法人ミンヘンは、24時間
受付しています。

KAKAO ID : chuoulaw

LINE ID : chuoulaw